と、言う訳で前回の続きになりますφ(・ω・´)
子供達を守る為ダーク・アグラニに挑むも致命傷を負い機能停止寸前の量産型ライガーズ。
そして再び襲撃を受けたアークスシップへ救援に向かったライガーとクリスタル。
これからどのような展開になるのか!?

例の如く話の内容&文章的にツッコミ所満載な部分があると思われますがそこは琵琶湖以上地中海以下くらいの広い心で見ていただけるとありがたいですorz(土下座
それでは行きましょう!!(`・ω・´)


━─━─━─━キリトリ━─━─━─━


単身戦場へ
再び襲撃されたアークスシップを駆け抜けるライガー。

ライガー
「既にここまで侵入されているとは・・・クリス、今回もナビゲートを頼みます!!」

クリスタル
「了解です!! 前方に多数のダーカーの反応を感知、間もなく接触します!!」

ライガー
「早速お出ましですか、これより戦闘を開始します!!」

ダーカーを蹴散らすライガー
次々と襲い来るダーカーの群れを蹴散らすライガー、そこにクリスタルから通信が入る。

クリスタル
「マスター、強力な敵性反応が接近中、来ます!!」

アンゲル登場1
アンゲル登場2
アンゲル登場3
エマージェンシー
クリスタル
「ファルス・アンゲル!? ダーク・ファルスまで現れるなんて!!」

ライガー
「流石にアレを野放しにはできません、ここで食い止めなければ!!」

vsファルス・アンゲル
ファルス・アンゲルに立ち向かうライガー。

ライガー
(あの時はゼノさん達が救援に駆けつけてくれましたが・・・私一人で倒せるか否か・・・)

防戦一方
しかし、ファルス・アンゲルの強大な力の前に押されていく。

ライガー
(模倣体とはいえダーク・ファルスの強さは伊達ではありませんね・・・
 1対1となると流石に分が悪いですか・・・!!)

ピンチ
徐々にダメージが蓄積していきライガーの体力が限界に達する。

クリスタル
「マスター、これ以上は危険です!! すぐに撤退を!!」

ライガー
「それはできません!! ここで私が退けば被害が大幅に拡大してしまいます!!」

クリスタル
「しかし!!」

ライガー
「大丈夫です、私は信じていますから・・・!!」

クリスタル
「えっ・・・?」

止めを放とうとするアンゲル
ゆっくりと浮上するファルス・アンゲル、氷の槍を形成し矛先をライガーに向ける。
そして満身創痍のライガーに止めが放たれようとしたその時。

危機一髪
1発のランチャーの弾がファルス・アンゲルを直撃、氷の槍が砕け散る。

クリスタル
「良かった、救援が・・・うそ、この方達は!? 」

救援に駆けつけたアークスの情報を見て驚愕するクリスタル、そこに第3者からの通信入る。

やはり来てくれましたか
???(第3者)
「待たせたねライガー、頼もしい助っ人達の到着だ!!」

ライガー
「やはり来てくれましたか!!」

帰ってきた仲間達1
???1
「ネオハイブリッドフォトンドライブ、アクティベイト」

帰ってきた仲間達2
???2
「システム、オールグリーン」

帰ってきた仲間達3
???1
「量産型ライガー1号機」

???2
「同じく2号機」

これより戦線に復帰します
1号機&2号機
「これより戦線に復帰します!!」

パート3へつづく


━─━─━─━キリトリ━─━─━─━


ライガーのピンチに駆けつけたのはまさかの量産型ライガーズだった!!
と言うか一体何があった!?
そして第3者の正体とは!?
ちなみに最後のSSの左が1号機で右が2号機となっておりますφ(・ω・`)

そしてついに次回でストーリー完結です、お楽しみに!!(`・ω・´)